リゾートホテル 八ヶ岳高原ロッジ

電話:0267-98-2131

お問い合わせ

アクセス

サイトマップ

日本語

/

English

小野リサ

ボサノヴァ・ナイト<二夜>

[ 小野リサ ]

夏の夜を彩る歌声
今年は同時イベントを開催

2017年8月11日(金・祝)、12日(土)
午後4時30分開場/午後5時30分開演(各日)


【共演】
フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)
アンディ・ベヴァン(フルート、サックス)※11日のみ
伊藤ハルトシ(チェロ)※12日のみ

 

【プログラム】
イパネマの娘、ウェーブ、ワン・ノート・サンバ 
ほか

※コンサートチケットはご予約後のキャンセルはできません。
※お席は当日ホール受付にて抽選となります。
※就学前のお子様のコンサートへのご同伴・ご入場は、遠慮くださいませ。
※曲目が変更される場合がございます。ご了承ください。

プロフィール

●小野リサ(ヴォーカル/ギター) Lisa Ono
ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。

1989年CDデビュー。1stシングル「YOU’RE SO UNIQUE/ユア・ソー・ユニーク」がマックスファクターのCMソングに起用され、サッポロワインポレールのCMソング「星の散歩」を収録した、1stアルバム「CATUPIRY/カトピリ」(リオデジャネイロ録音)を発表。

1996年ジャズ・サンバの巨匠、ジョアン・ドナートと共に全国ツアーを実施。リオ、サンパウロでもコンサートを開催し、大成功を収める。20万枚を超えるヒットを記録したアルバム『DREAM』はボサノヴァの第一人者オスカー・カストロ・ネヴィスを迎えLAで録音。10thアルバム「BOSSA CARIOCA/ボッサ・カリオカ」では、アントニオ・カルロス・ジョビンの息子と孫にあたるパウロ&ダニエル・ジョビンを迎えリオ・デ・ジャネイロで録音など、著名アーティストとの共演、海外公演を多数実施している。2013年には長年の活動の功績が認められ、ブラジル政府より最高勲章の1つである『リオブランコ国家勲章』を授与され、日本におけるボサノヴァの第一人者として、その地位を不動のものとしている。

 

オフィシャルサイト  http://onolisa.com/

 

●フェビアン・レザ・パネ(ピアノ) Febian Reza Pane
1986~7年にかけて「海辺のサティ」他8枚のアルバム(ネオ・シック・シリーズ)およびソロ・ピアノによるクリスマス・ソング集をリリース、ピアニスト・編曲家として注目を集める。その後大貫妙子、小野リサ、川井郁子など多くのアーティストのコンサート、レコーディングに参加、 繊細かつ研ぎ澄まされた独特のピアノ・タッチと音色には定評がある。2003年に自己のレーベル「Amphibian」を立ち上げ、ソロ・ピアノによるアルバムを中心にリリース。また、川井郁子 at カーネギーホール2008、小野リサ・アジアツアー等、海外での演奏もたびたび行っている

 

●アンディ・ベヴァン(フルート・サックス) Andy Bevan ※11日のみ
オーストラリア、パースで生まれアデレードで育つ。幼少からピアノとフルートを学ぶ。アデレード芸術教育大学(テナーサックス専攻)を卒業する。オーストラリアで数年のプロ活動後、東南アジアを一年半旅行中、インドネシア、タイ、ネパール、インドのさまざまな文化や伝統音楽を吸収する。その後さまざまな吹奏楽器(サクソフォンからバンスリフルート等)を修得。その頃オーストラリア原住民音楽家と知りあい、その影響でディジュリドゥ(アボリジニが使用する世界で最も古い楽器)を吹き始め、ディジュリドゥの新たな魅力と可能性を引き出すことに成功した。今では彼の持つ色彩豊かなサウンドが、聴くもの全てを魅了し、様々なジャンルのアーティストからの出演依頼は年々増え続けている。現在日本在住のアンディ・べヴァンは、ジャズ、ブラジル音楽、フュージョン、ワールドミュージックと、あらゆるジャンルで活発な活動を展開、中でもワールドミュージックグループ『Tatopani』は、この13年間、国内外で数多くのコンサートやレコーディングを行い、好評を博してきた。 また、最近はサウンドエンジニアとしても才能を発揮しており、さまざまなアーティストのCDをレコーディングから完成まで導いている。それら作品は、ミュージシャンからも評論家からも、自然で暖かいアコースティックサウンドとして評価が高い。

 

●伊藤ハルトシ(チェロ) Harutoshi Ito ※12日のみ
1984年12月7日、東京生まれ。3歳からチェロ、14歳からギターを始め、 (ギターは津本幸司氏、梶原順氏、道下和彦氏に師事、チェロは水島たかを氏、安田謙一郎氏、佐藤明氏に師事)18歳よりプロ活動を始める。 洗足学園音楽大学ジャズギター科で学ぶ。在学中はJazz、R&B、Soul、Funk、countryに傾倒し、自身がボーカルを務めていたRock&SoulバンドやLA系フュージョンインストバンドの活動に明け暮れる。一方、チェリストとしてはクラシック、タンゴ、ヒーリングミュージックに傾倒し、クラシックグループで精力的にリサイタルを行う。 現在は、主にRock、Blues、Jazz、R&B、worldmusic、クラシック、などをルーツとし、チェロとギター(アコースティック〜エレキ)でポップスサポートやインストタル、様々な分野で活動中。


お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ 電話:0267-98-2131

このページ最上部へ